展示構成

保健・医療・福祉に関する国内最大規模の総合展示会 6つのゾーンで保険・医療・福祉分野のハードソフトについて提案

 

   医療機器、環境設備ゾーン
   医療情報システムゾーン
   ● 医療連携・セキュリティ対策コーナー
   ● 医用画像・映像ソリューションコーナー
   看護・介護・リハビリゾーン
   ● 在宅医療・介護コーナー
   健診・ヘルスケアゾーン
   ● ウェアラブル・モバイルヘルスコーナー
   施設運営サポート・サービスゾーン
   ● 病院経営を支える医療安全とコスト管理コーナー

展示コーナー (出展者募集)

P2.P12連携セキュリティ

院内や地域での医療連携を支援するクラウド型システムやネットワークシステム、施設外業務支援、紹介患者管理システム、認証・アクセス管理、モバイル機器などを提案する出展者を募集します。

P2,P12-医用画像

医用画像情報システム、画像・映像配信、画像診断装置、静止画・動画一元管理システム、モニタ等、医用画像・映像ソリューションを提案する出展者を募集します。

P13.在宅医療-介護コーナー

在宅医療や看護・介護に役立つ設備や機器、サービス、システムなどを提案する出展者を募集します。

P3,P13ウェアブルモバイル

リストバンド型端末、メガネ型端末、着衣型生体センサー、腕時計型端末、活動量計、ヘルスケアアプリなど、医療向けウェアラブル機 器等を提案する出展者を募集します。

P.3P14医療安全とコスト管理コーナー用写真

院内感染制御システム、手術映像記録装置、医療過誤防止機能付ベッドサイド記録端末など、安全管理を支援する製品やサービスおよび、経営コストの削減に役立つ製品やサービス等を提案する出展者を募集します。

近年、医療関係者を対象とした、デザイン力に優れ、使って楽しい 便利な筆記具、手帳、ファイル用品、小物雑貨等が多く紹介されて います。ご来場者が思わず手にとりたくなるような文具関連等の 製品を展示・即売するコーナーとします。

 

ブックコーナー・出展者プレゼンテーションセミナー

ブックコーナー

医療・看護・介護等に関する書籍の即売可能なコーナー

出展者が自社ブースでの展示実演だけでは充分に伝えきれない、新製品・技術・サービス等の内容やユーザー事例をより効果的に発表できる場を提供。
●Aコース:会議棟・会議室内に設営します。出展ブースとの相乗効果が得られるセミナーを開催できます。
●Bコース:展示会場の主催者事務室で開催。小規模ながら、会場近くでセミナーを開催できます。

 

企画展示

主催者企画展示
『健康・医療・福祉に活躍する看護・介護ロボット』
企画:ホスピタルショウ委員会 保健・医療・福祉部会
高齢化が進んだ我が国が直面する課題、介護者の負担軽減のためのロボッ トや要介護者の自立支援用ロボット。またデイサービスや介護老人保健施設な どで入所者のセラピーを目的として生まれた癒しやコミュニケーションなどの 医療用ロボットは日々進化しています。今回の主催者企画展示では、医療用 ロボットの活用事例の報告と装着体験もしていただきます。また癒しやコミュ ニケーションロボットについても、デイサービス、介護老人保健施設などでの事例をパネルと製品展示でご紹介します。
スポット展示
『医療・介護・ヘルスケア分野における ICT の新潮流 ~急速な進化を遂げる『ウェアラブル』の活用~ 』
企画:ホスピタルショウ委員会 医療情報部会
ICTの新しい活用方法として、様々な分野で注目されている「ウェアラブル端末」。 近年ではスマートデバイスの普及もあり、ウェアラブル端末を使いリアルタイムで計測した身体データを、気軽にネット上で管理をする時代となりつつあります。今 回のスポット展示では、医療・介護・ヘルスケアの世界で広がりをみせるウェアラ ブルの活躍がどこまで進んでいるのか、実際に使用され始めているウェアラブル機 器をご紹介します。