結果報告

「国際モダンホスピタルショウ2015」好評裡に閉幕
3日間の会期で82,149人が来場

「国際モダンホスピタルショウ2015」は、去る7月15日(水)から東京・有明の東京ビッグサイト(国際展示場)東展示棟東4・5・6ホールを使用して、『健康・医療・福祉の新時代へ ~連携と地域包括ケアの充実を目指して~』をテーマに開催しましたが、7月17日(金)、盛況のうちに3日間の幕を閉じました。

image3 image3

 

「国際モダンホスピタルショウ2015」の会期3日間の来場者数は82,149人でした。 会期中の日別来場者数は以下のとおりです。

日別 来場者数 天気
7月15日(水) 28,679人 晴れ
7月16日(木) 26,236人 雨のち曇り
7月17日(金) 27,234人 雨のち曇り
合計 82,149人

 

<開会式>
開会式は、一般社団法人日本病院会 堺 常雄会長、一般社団法人日本経営協会 平井 充則理事長による主催者挨拶、厚生労働省 医政局長 二川 一男様(代理:大臣官房審議官 福島 靖正様)、公益社団法人日本医師会 会長 横倉 義武様、公益社団法人日本看護協会 会長 坂本 すが様(代理:常任理事 川本 利恵子様)の来賓祝辞、インフォコム株式会社 代表取締役社長 竹原 教博様の出展者代表挨拶、大道 久ホスピタルショウ委員会委員長による挨拶が行なわれました。続いて、上記7氏によるテープカットが行なわれました。

image5

 

<出展者>
ホスピタルショウは、東京ビッグサイト東展示棟 東4・5・6ホールを使用し、出展者は356社、展示面積8,500m²(会場面積26,000m²)の規模での開催でした。 展示は“医療機器、環境設備ゾーン”、“医療情報システムゾーン”、“看護・介護・リハビリゾーン”、“健診・ヘルスケアゾーン”、“施設運営サポート・サービスゾーン”の5つのゾーンで構成しました。また展示コーナーは「医療連携・セキュリティ対策コーナー」、「医用画像・映像ソリューションコーナー」、「在宅医療・介護コーナー」、「ウェアラブル・モバイルヘルスコーナー」、「病院経営を支える医療安全とコスト管理コーナー」を設けましたが、それぞれのテーマに沿った内容の展示・提案がなされ、注目を集めました。
なお海外からの出展は今回、中国から10社、シンガポールから1社、アメリカから1社、イギリスから1社、フランスから1社、香港から1社、台湾から1社、合計7カ国・地域から18社が出展しました。

image3 image3 image8image9 image10 image11