カンファレンス・セミナー

出展者プレゼンテーションセミナー

※聴講無料Bコース
場所:東6ホール主催者事務室

※事前申し込みは7月8日(金)17:00で締め切りました。
各セミナーで空きがある場合にかぎり、当日受付が可能です。
事前WEB申込みの方をご案内後、当日受付待ちの方をご案内いたします。
各セミナー開始前に、直接受付まで名刺を1枚ご用意いただき、お越しください。

▼7月11日(月)~15日(金)の期間のお問合せ先
一般社団法人日本経営協会 ホスピタルショウ事務局(東京ビッグサイト内)
TEL:03-5530-1600 E-mail:

  7月13日(水)【80名】 7月14日(木)【80名】 7月15日(金)【80名】
10:30

11:15
B-0
Wolters Kluwer
明日の医療に向けて臨床意思決定支援を変える
ウォルターズ・クルワー社クリニカル・エフェクティブネス(臨床的有効性)部門
UpToDate アレルギー疾患・免疫疾患担当 シニア副編集長
アナ・フェルドヴェーグ医師(Dr. Anna Feldweg)
※通訳あり
臨床意思決定支援(CDS)は、臨床データ&分析ツールとして急速に進化しており、高性能・高機能製品が浸透しつつある。既存の臨床システムとナレッジベースを活用しながら、情報を効率的に臨床医に届けてその意思決定を支援し、アウトカムとケアの質の向上に結びつけるにはどうしたらよいのか?また、テクノロジーが急速に変化する中、臨床意思決定支援ツールの未来のモデルとは?
本セミナーでは、患者のアウトカム向上に役立ち、医療品質と臨床的効率の改善をもたらす臨床意思決定支援ツールの最新動向についてお話いたします。
B-5
都築電気㈱
「介護事業者向けABM(活動基準管理)分析サービスのご紹介です。」
都築電気㈱ 執行役員
尾山 和久 氏
介護現場の実態を把握後にABM(Activity Based Management)という手法を使って現場業務の効率化を図り、削減されたコストでお客様へ新たなサービスをご提案いたします。
B-10
㈱医用工学研究所
「医療機関の診療・研究・経営を支えるデータ活用の仕組みに関して」
㈱医用工学研究所
取締役 木寅 信秀 氏
機能細分化し独立保持している医療機関での情報システムデータを病院側資産へと昇華させ、診療・研究・経営等の目的別利用を進めるための仕組みを考えます。
11:45

12:30
B-1
㈱あんべハート・コーポレーション
「電子カルテの常識を覆す衝撃の近未来型電子カルテ『HeartBase』の夜明け!」
最高経営顧問 安倍次郎 氏
代表取締役社長 安倍みどり 氏
営業マネージャー 倉持 博 氏
SE 島本祐希氏
電子カルテのクリニックへ普及を阻む最大のネック、日本語入力と紙の自由度制約の問題をクリアグリッドとフレイズ・インプット等で一挙に解決! 『思考・会話・診療を中断させない近未来型電子カルテ』登場!
B-6
㈱ケアコム
「動線分析がもたらす看護業務改善の可能性」
東京医療保健大学
医療保健学部 医療情報学科
准教授 瀬戸 僚馬 氏
実病院での動線データとナースコール履歴等の分析事例を元に、看護業務改善の可能性についてご説明します。
※医療従事者・官公庁従事者限定
B-11
㈱ケアコム/㈱ヘルスケアリレイションズ
「気仙医療圏『未来かなえネットワーク』について
住民参加の地域社会基盤構築」
岩手県立大船渡病院 院長
一般社団法人未来かなえ機構 理事 伊藤 達朗 氏
一般社団法人未来かなえ機構 事務局長 安部 白道 氏
岩手県気仙医療圏二市一町にて、自治体、医師会、歯科医師会、薬剤師会、介護関係団体及び住民も参加して、医療と介護を双方向に連携した、地域の社会基盤を構築、その経緯と現状及び今後の計画について紹介します。
※医療従事者・官公庁従事者限定
13:00

13:45
B-2
(公社)日本医業経営コンサルタント協会
「平成28年度診療報酬改定による経営ポイント」
認定登録 医業経営コンサルタント/㈱ASK梓診療報酬研究所
所長 中林  梓 氏
改定から3か月、まだ経過措置期間などで直接の影響は出ていませんが、次回同時改定の議論は既に始まっています。今改定の内容から次回改定の方向性を見据えて、早めの対策が出来る様、今何をすべきかをお話し出来ればと思います。
B-7
(公社)日本医業経営コンサルタント協会
「雇用の質向上〜医療勤務環境改善支援センターの取り組み…北海道の現状と課題、対策〜」
認定登録 医業経営コンサルタント/北海道勤務環境改善支援センター 事務局長 小山田 剛 氏
職員満足度調査による現状分析と問題抽出、改善実施の支援、職員研修や医師事務作業補助者の活用による医師や医療関係職の勤務環境改善企画、実施、効果測定等を紹介する。
B-12
㈱マトリクス
「勤務表自動作成ソフトのこれから」
社会医療法人財団慈泉会 相澤病院
情報システム部 松澤 唯一 氏
㈱マトリクス
代表取締役 小林 孝弘 氏
看護の質とスタッフWLBの両立だけでなく病棟コミュニケーションの活性化に着目。同時に導入コストの大幅圧縮も実現するための新たな仕組みもご提案いたします。
※医療従事者・官公庁従事者限定
14:15

15:00
B-3
東京ガス㈱
14:30~15:45
「病院におけるBCP
〜東日本大震災・熊本地震の経験をふまえて〜」
内閣官房参与
公益財団法人 東京都保健医療公社 副理事長 佐々木 勝 氏
災害時においても機能する病院運営の為には何が必要か。BCP策定におけるリスク分析や被害軽減のための対応事例を紹介するとともに、平常時から必要な準備について解説する。
B-8
㈱コア・クリエイトシステム
「マルチプラットフォーム型電子カルテの開発と将来展望」
宮崎大学医学部附属病院
医療情報部 教授 荒木 賢二 氏
10年のノウハウを活かし、現場の声を最大限に反映したWeb型・マルチプラットフォームを採用した電子カルテシステムの特徴を御紹介。電子カルテの未来についても語る。
B-13
ブラザー販売㈱
「平成30年度医療介護の同時改定を見越した医療ICT活用策」
メディキャスト㈱
メディプラザ事業部 統括マネージャー 大西 大輔 氏
28年度改定はICT技術の本格的な活用を予見する内容となりました。30年度の医療介護の同時改定までに我々は何を準備すべきか。真のICTの活用策を解説します。
15:30

16:15
B-9
(一社)保健医療福祉情報システム工業会
「医療IT業界をめぐる動向ガイダンス2」
(一社)保健医療福祉情報システム工業会
戦略企画部 運営幹事
真野  誠 氏
昨年は、医療IT業界に影響を与える制度、政策の概要および最近の動向を紹介させて頂きました。今年は、昨年以降の医療IT業界の動向も含めて、紹介させて頂きます。
B-14
レッドハット㈱
「進化を続けるオブジェクト・ストレージとセキュリティー領域への応用」
レッドハット㈱
プロダクト・ソリューション事業統括部 ストレージ事業部 事業部長 和田 健一郎 氏
医療画像のアーカイブを中心に、全国で採用が進んでいるオブジェクト・ストレージの最新動向と、医療現場におけるセキュリティー領域への応用を、事例を交えて紹介します。
ページの先頭へ