開催概要
2020.7.1-3 TOKYO BIG SIGHT

HOME開催概要

名称 〔和文〕国際モダンホスピタルショウ2020
〔英文〕International Modern Hospital Show 2020
〔英文略称〕IMHS2020
テーマ 健康・医療・福祉の未来をひらく
~世代や国境を越えて、いのちの躍動を~
目的 病院をはじめ、保健・医療・福祉分野における質の向上、充実に役立つ機器、製品、システム、サービスなどを幅広く展示し、最新情報の発信および情報交流の場を提供することにより、健康福祉社会の発展に寄与する。
主催 一般社団法人 日本病院会一般社団法人 日本経営協会
特別協力 公益社団法人 日本看護協会
後援(予定) 総務省、消防庁、外務省、文部科学省、厚生労働省、経済産業省、東京都、(独)日本貿易振興機構、(公社)日本医師会、(公社)日本歯科医師会、(公社)日本薬剤師会、(一財)医療情報システム開発センター、(一財)日本医薬情報センター、(公財)医療機器センター、(一財)医療関連サービス振興会、(公社)全国自治体病院協議会、(公社)全日本病院協会、(公社)日本精神科病院協会、(一社)日本医療法人協会、(一社)全国公私病院連盟、(一社)日本病院薬剤師会、(公社)日本栄養士会、(公社)日本診療放射線技師会、(一社)日本臨床衛生検査技師会、(一社)日本作業療法士協会、(公社)日本理学療法士協会、(公財)日本訪問看護財団、(公財)日本医療機能評価機構、(一社)日本民間放送連盟、(公社)日本医療社会福祉協会、(一社)日本慢性期医療協会、(公社)日本人間ドック学会 (順不同)
協賛(予定) (社福)全国社会福祉協議会、(一社)日本医療機器産業連合会、(一社)日本画像医療システム工業会、(一社)電子情報技術産業協会、日本薬科機器協会、(一社)日本医療機器工業会、(商組)日本医療機器協会、(一社)日本医療機器テクノロジー協会、日本理学療法機器工業会、日本医用光学機器工業会、(一社)日本分析機器工業会、(一社)日本衛生検査所協会、(一社)日本衛生材料工業連合会、(一社)日本ホームヘルス機器協会、(一社)日本医療福祉建築協会、(一社)保健医療福祉情報システム工業会、(一社)東京都医療社会事業協会、(公社)日本臨床工学技士会、東京商工会議所、(公財)テクノエイド協会、(公社)全国老人保健施設協会、(一財)日本救急医療財団、(一社)日本医療情報学会、(公社)全国老人福祉施設協議会、(公社)全国有料老人ホーム協会、(一社)日本ロボット工業会、(一社)日本産業・医療ガス協会、(一社)全国デイ・ケア協会、(一社)Medical Excellence JAPAN、(一社)日本医療機器学会、日本介護用入浴機器工業会、(特非)日本人間ドック健診協会 (順不同)
会期 2020年7月1日(水)~3日(金)3日間
時間 午前10時~午後5時
会場 東京ビッグサイト(東京国際展示場) 青海展示棟 Aホール、Bホール
〒135-0064 東京都江東区青海1-2-33 
TEL 03(5530)1111(代)
[会場案内・アクセス]
出展予定者数 300社・団体 [前回317社・団体]
来場予定者数 70,000人 [前回68,927人] いずれも3日間延べ
会場規模 会場面積:23,200m2 展示面積:7,000m2
入場 原則として、招待券持参者、及び事前登録者
ゾーン構成
  • 医療情報システムゾーン
  • 医療機器ゾーン
  • 看護ゾーン
  • 介護・福祉・リハビリゾーン
  • 健診・健康増進ゾーン
  • 施設環境・運営サポートゾーン
  • マッチングステージ2020
出展料 (税別) スタンダードブース 1小間 / 会員 390,000円 一般 450,000円
 (間口3.0m×奥行3.0m×高さ2.7m(一社3小間まで))

フリーブース 1m2 / 会員42,000円  一般44,000円
 (36m2~189m2まで区分により申し込み) (金額は税別) 
出展申込締切り 2020年2月27日(木)
申込受付期間内であっても予定面積に達した場合は、受付を締め切ります。
受付終了後、出展者の申込面積を調整する場合があります。予めご了承ください。
Page TOP
×

メルマガ配信登録はこちら!

ホスピタルショウ・医療福祉研究会 メールマガジン配信登録(無料/年間配信) »詳細はこちら