カンファレンス・セミナー

HOMEカンファレンス・セミナー

7月12日の開催一覧

ホスピタルショウカンファレンスへの事前受講申込の受付は終了いたしました。
 事前受講申込をされていない方で受講を希望される方は、当日直接セミナー会場へ
 お越しください。
・空席がある場合はご案内いたします。(開始10分前までに会場にお越しください。)
 ※その際、名刺が1枚必要になります。当日はご受講希望分の名刺をお持ちください。

【ホスピタルショウカンファレンス(有料)について(C-1を除く)】
・事前受講申込をされていない方で受講を希望される方は、当日現金払いのみ受付けて
 おります。(空席がある場合のみ)

▼7月10日(月)~14日(金)の期間のお問い合せ先
 一般社団法人 日本経営協会 ホスピタルショウ事務局(東京ビッグサイト内)
 TEL:03-5530-1610  E-mail:

ホスピタルショウ カンファレンス ※7月7日(金)17:00に事前申込は終了しました。有料

会場 :会議棟6階 受講有料/事前登録制

【注意事項】
・WEB申込は7月7日(金)17時までです。お早目にお申込みください。
・WEB申込み後、参加券と請求書をお送りいたします。
・キャンセル料は当会セミナー規約に準じます。(詳細はお申し込み時に表示されるセミナー規約をご覧ください。)
・ご都合が悪くなった場合は、代理の方のご出席をお願いいたします。
・参加料は7月10日(月)までにお振込みください。(振込手数料はご負担願います)
・当日現金にてお支払の方は必ず事前に事務局までご連絡ください。
 (申込み時に備考欄記入でも可)できるだけお釣りの要らないようご協力ください。
・医療従事者の方は会員価格にてご案内いたします。

開催時間 カンファレンス概要
11:00

12:00
C-1 オープニングセッション 病院の機能分化と連携 ※このカンファレンスのみ聴講無料です
1.医療計画の見直し  2.病床機能報告  3.地域医療構想と調整会議
一般社団法人日本病院会 会長 相澤 孝夫
13:00

16:00
❶「エストニアに見る医療情報システムの未来 -患者中心にデザインされたエストニアのeヘルスとは-」
 日本・エストニア EU デジタルソサエティ推進協議会(JEEADiS:ジェアディス) 理事 牟田 学
❷「医療情報における標準化の課題 -電子カルテ・集約された医療情報を活用するために-」
 北里大学 メディカルセンター 村田 晃一郎
❸「医療現場から考える電子カルテ -カルテ電子化の落とし穴から抜け出すために-」
 京都大学医学部附属病院 医療情報企画部 副部長 岡本 和也

ホスピタルショウ カンファレンス ※7月7日(金)17:00に事前申込は終了しました。無料

会場 :会議棟 609 受講無料/事前登録制
会場 :会議棟 610 受講無料/事前登録制

【注意事項】
・WEB申込は7月7日(金)17時までです。お早目にお申込みください。
・ご都合が悪くなった場合は、事前にご連絡ください。
・現在、満席のカンファレンスについては当日空席がある場合はご案内いたします
 (開始10分前を目安に会議棟6階にお越しください。)
 ※その際、名刺が1枚必要になります。当日はご受講希望分の名刺をお持ちください。

開催時間 カンファレンス概要
12:10

12:55
中外製薬㈱ 渉外調査部 矢野 淳子
13:20

14:05
医療情報標準化推進協議会 広報委員会 委員長 安藤 裕
14:30

15:15
(一社)日本メンタルアップ支援機構 理事長 大野 萌子
▼日本看護協会特別セミナー
11:30

13:00
(公社)日本看護協会 医療政策部 看護情報課
13:15

14:45
(公社)日本看護協会 健康政策部 助産師課
15:00

16:20
(公社)日本看護協会 看護開発部 看護業務・医療安全課

出展者プレゼンテーションセミナー ※7月7日(金)17:00に事前申込は終了しました。無料

会場 :会議棟605(120名) 受講無料/事前登録制
会場 :東ホール主催者事務室(80名) 受講無料/事前登録制

【注意事項】
・WEB申込み後、参加券が自動発行されますので、会場へご持参ください。
医療従事者限定 マークのあるセミナーは医療従事者限定の受講となります。
出展者プレゼンテーションセミナーにお申込みの場合は、
 ご入力いただいた個人情報を下記目的として該当セミナーの出展者に提供します。

 ●出展者の製品・サービス・セミナーのご案内
 ※セミナー申込み画面に出てくる「発表に関連する本会以外のサービス・情報のご案内」に「不要」とチェックされた場合も含む

開催時間 セミナー概要
11:30

12:15
Qualcomm Life
Senior Sales Manager
Nicolas Falleau(ニコラス ファレア)
クアルコムライフは医療機器からのデータを電子カルテシステムへ送るための接続性のオプションを提供します。誤入力の回避、費用対効果の高いソリューションをご紹介します。
11:45

12:30
湘南工科大学 工学部 人間環境学科 教授 保坂 良資
帝人㈱ スマートセンシング事業推進班 阿磨 由美子
医療現場においてRFID技術の活用に対する研究内容の発表と管理システム製品の紹介 (同日15:15からA-4にて聖路加国際病院による具体的な事例と導入効果を発表します)
12:00

12:45
A-2 調整中
 
13:00

13:45
B-2 地域医療連携推進法人…日本海総合病院の取り組み
(公社)日本医業経営コンサルタント協会
地方独立行政法人山形県酒田市病院機構 理事長 栗谷 義樹
当地区は高齢化が進む典型的な地方であるが、平成28年9月に5法人で地域医療連携推進法人設立協議会を立ち上げた。新法人の基本的な考え方、事業についてご意見を承りたい。
14:00

14:45
演者:神奈川県立こども医療センター  循環器内科部長 上田 秀明
座長:岡田病院 理事長・院長 村田 高茂
先天性心疾患のワークフローにおける、VNDM技術を活用した新しい統合ビューワの有効性評価と、今後の診断支援分野における将来展望を紹介致します。
15:15

16:00
聖路加国際病院 臨床工学科 臨床工学室 石川 智久
帝人㈱の所在管理システム「レコピック®」を使用してME機器を管理したことによる、定量的な導入効果を紹介。またその他のRFIDの活用予定についても紹介。
14:30

15:45
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
大会準備運営第一局 パラリンピック統括部 部長 中南 久志
東京2020パラリンピックがスポーツ大会としてだけでなく社会へもたらす意義、そしてその一環でありバリアフリー基準等を含む「Tokyo2020 アクセシビリティ・ガイドライン」の内容をお話頂きます。東京ガスは東京2020オフィシャルパートナー(ガス・ガス公共サービス)です。

オープンステージセミナー無料

会場 :展示会場内ステージ 受講無料/事前登録不要

【注意事項】
・オープンステージセミナーは事前登録不要です。直接会場へお越しください。

開催時間 オープンステージセミナー① オープンステージセミナー②
11:30

12:00
『現場ファースト』にこだわるヘルスエコ総合健診システム
㈱アリトンシステム研究所
iPhoneでバーコード、RFID。三点認証やバイタル入力だけじゃない最新事例!
㈱アスタリスク
12:20

12:50
最前線報告 現場直結! 『みんなで“外国人患者”受入語学研修』
㈱インターグループ
IoT時代の個人医療データ活用。 HeSeLでの医療情報活用例
㈱HeSeL
13:10

13:40
モンスターペイシェントに負けない病院作り
(弁)ITJ法律事務所
電子カルテの実践的知識  〜選定・導入・運用〜
㈱コムズ・ブレイン
14:00

14:30
MERA製品紹介 ~ソフィットシリ-ズと新型サキューム~
泉工医科工業㈱
WBCが考える安全で快適なクラウド環境とは
ワールドビジネスセンター㈱
14:50

15:20
予防医学に求められる 健康管理サービスとは?
㈱SCC
地域医療連携情報システムにおけるIHE-ITI標準の使い方
㈱システム計画研究所
15:40

16:10
患者によりそうICT、医療者をたすけるICTの始まり
東大病院 国際診療部副部長 山田 秀臣氏 (情報通信研究機構(NICT))
(国研)情報通信研究機構
電子カルテの乗り換えのポイント ~データ移行は難しくない、簡単シンプルな方法をご紹介~
㈱京葉電子販売

日本病院会主催 公開シンポジウム無料

※参加には事前のお申し込みが必要です。
詳しくは日本病院会ホームページをご覧ください。
http://www.hospital.or.jp/seminar/


【申込みPDF】下記URLからダウンロードいただき、お申込みください。
http://www.hospital.or.jp/pdf/08_20170607_01.pdf

【お問い合わせ】 日本病院会 ホスピタルショウ2017 公開シンポジウム事務局
Email: imhs2017@hospital.or.jp Tel: 03-3265-0077 FAX: 03-3238-6789 (平日9:00-17:00)

開催時間 セミナー概要
13:30

16:30
病気をしても働くために!
座長:
 梅里 良正 氏(日本病院会ホスピタルショウ委員会委員 /公益社団法人地域医療振興協会 シニアアドバイザー)
 山元 恵子 氏(日本病院会ホスピタルショウ委員会委員 /東京都看護協会会長)
医療技術の進展に伴い、これまで不治とされたいろいろな病気が治療可能になりました。そして治療を継続しながら働くという、新しいライフスタイルが生まれています。しかしそれにはまだ多くの社会的な支援が必要で、政府も働き方改革を進めています。本シンポジウムでは、この問題を組織の大きな役割の一つと捉える労働者健康安全機構理事長の有賀 徹先生に基調講演をお願いし、自ら早期退職を余儀なくされた松本 陽子氏、MSWとして治療・就労両立コーディネータを勤める平田 直子氏、企業として社員の支援を行い東京都の優良企業表彰を受賞した株式会社松下産業代表取締役社長の松下 和正氏ほか、産業医の立場からもお話いただき、これからの治療・就労両立支援を考えていきます。多数の皆様のご来場をお待ちします。
ページの先頭へ